国際業務

 

当監査法人は国際的ネットワークであるMGIグループ(全世界82ヶ国、有資格者6,700名)のメンバーファームであり、海外事業における諸問題への対応で協力しております。当法人単独でも海外子会社へ直接往査し、現地法人の帳簿を直接確認して日本基準との相違点を報告し、日本の会計基準に基づいた連結決算が可能なように指導しております。

また、海外子会社の業績不振やコミュニケーションが十分でない場合など、現地提携事務所と協働して海外子会社の調査に当たり、改善指導を行うこともあります。

日本子会社が海外親会社に提出する英文の連結決算資料(連結パッケージ)の監査を行い、構成単位の監査人として英文の監査報告書を提出することもあります。

 

国際税務の分野では、大きく分けて進出先の現地税制と二国間の国際課税関係の2つの問題があります。これらのうち進出先の現地税制については、現地メンバー事務所への照会により複雑な税制の問題に対応し、二国間の国際課税関係(ex. 経営者・従業員の国際課税問題)については、最新の国際課税動向に留意しながら実務経験に基づいたアドバイスを行っております。